未経験転職

分からないことがあったら、まず公式を見よ

リモート勤務が始まりました

こんにちは!

ちょっとコロナ騒ぎすぎじゃない??と思っていた情弱な私も昨今の報道を見て、いよいよ世も末感が出てきたなぁ…と不安な日々を送っています。

そんな中で、ついに私が勤めている会社も一昨日からリモート勤務が始まりました。

いつか自宅で働ければいいなぁ…という淡い期待を抱いてこの業界を目指したところもあるので、コロナの影響ではありますが、思っていたよりも早くリモート勤務が実現したことに対してはなんだか感慨深いというか、環境変化には驚いています。

1日の通勤時間:
転職前→2時間半
 今 →0分

ですからね…我ながらびっくりです….

まだ2日しかリモートやってないのでこれがいつまで続くのか、やっていけるのかはまだ未知数ですが、環境的にはパソコンだけあれば問題なく稼働できるので、やっぱりこの業界は素晴らしいな…と思っています。

前置きはこれくらいにして、今回のブログは、

「分からないことがあったらまず公式を見よ」

という内容を中心に書いていきたいと思います。

公式を見ることの大切さ

ググり力

プログラミング学習をしていれば誰でも「ググり力が重要だ」と言われているのを聞いたことがあると思います。プログラミングはコードを全て覚える必要はなく、本やネットで調べて必要な情報が集められればコードを書くことができるんですね。

ただ無駄に長い時間溶かしたくないので、「いかに早く正解の情報に辿り着くか」が重要になってくると思うのですが・・・・

下記に自分の実体験を踏まえて、何故公式を見ることが大切なのか、書いていきたいと思います。

どれが正解の情報か分からない

最近仕事でwebpackを使ってPHP+JS+SCSSを動かせる環境をゼロから構築すると必要があり…、webpack.config.jsの書き方を色々と調べていたんですが、出てくる出てくるいろんな記事が…

Q○itaとかt○rateilとか誰かが書いたブログとかね…

そしてどの記事も書き方が違くて、プラグインなんかもめちゃくちゃ種類があって、結局どう書くのがベストなのか、迷子になってしまったんです。

中には記事そのままのコードを書いても意図した動きをしないということもあって…人間不信というか記事不信になりましたww

書いてみてはまた別の記事を見つけ、また書き直す・・といった感じになってしまってこれではいくら時間があっても足りません。

コピペは危険

JavaScript(以下JS)のある機能を実装した時…

JSはサイトに動きを付けるとか、割と簡単な実装はググればすぐコードが出てきます。基本的なことが分かっていれば、コピペして動かすことはできてしまうんですね。

私もそれやっちゃいましたが…汗。
JSの基礎を理解していないことが一発でバレました。

というのも、変数宣言で「var」を使ってたんです。

ご存知の通りES2015(JSの新構文)で変数宣言に「const」と「let」が追加され、スコープが広いためにバグの温床になりやすい「var」は極力使用せず、「const」か「let」を使用するのが一般的です。

JavaScriptの変数宣言

const →再宣言× 再代入×
let   →再宣言× 再代入◯
var  →再宣言◯ 再代入◯

スコープを意識して、どの変数宣言キーワードを使用するか考えないといけないのですね。

※一部のブラウザ(IEとか)はまだES2015に対応していないので、あくまでgulpやwebpack等のタスクランナーツールで新構文→旧構文に変換できる環境が前提となります。

ただこの「var」というやつ、ググると結構な割合で出てきます。

またJSの世界は移り変わりが激しい(らしい)ので、ググってヒットした記事が結構古いものだったり、正しい書き方ではなかったり、ということが起こります。

なんですが、これを経験の浅い私のような人がこれが正しい、これが間違っている、って判断するのは難しい….

公式を見る習慣を付ける

結論「分からないことがあったらまず公式を見よ」が正解です。

公式って英語の場合が多くて、これはこれで面食らいますが公式が間違ってることはまずあり得ないので、公式に書いてある内容、書き方が正解。なのでとにかくまず公式を見る!が大切。

よくプログラミングは英語が分かる必要ないって言われますが…

最低限、公式を見るのが苦じゃないくらいの読解力は必要だと思います…

ついつい分かりやすそうな日本語の記事をクリックしてしまいがちですが、公式を先に見ておく方が結果的に近道だなぁ、と感じています。


今週末も外出は控えた方が良さそうなので、自宅で粛々とプログラミング学習に勤しむことにします…

では今回はこの辺で!

次回もお楽しみに!?