未経験転職

エラーとの向きあい方について

続・コロナ

こんにちは!

相変わらずコロナで世間が大騒ぎしているようです。

私はと言うと、テレビを見ないので世間の状況が分かっていないのですが、時々テレビつけるとその話題で持ちきりだし、変に不安を煽るような内容だったりするのでそういう報道の仕方もどうかな〜・・なんて。

多分、毎日テレビ見てたら精神的にちょっとやられるかなって思います。
震災の直後と同じような印象を受けますね。

一般人にとってはやれることって限られてると思っていて、例えば手洗いうがい、人混みを避ける、それぐらいじゃないかな。あまり世間にノっかって不安がる必要はないって思うのですが。

前置きはこのくらいにして、今回はちょっと構成を変えて、

エラーとの向き合い方

という内容を中心に書いていきたいと思います。

前回の#業務日記ブログはこちら↓

https://tsuchippo.com/gyomu-diary-21-25

エラーとの向き合い方について考える

そもそもなんでこのトピックなのか?

と言いますと、最近仕事でJavaScript実装のタスクがありまして、そのタスクを遂行するのにとてつもなく苦労したので、その振り返りと今後どうしていけばいいのか、というのを一度まとめてみようと思ったわけです。

エラーに直面した際の対処順序

初心者丸出しですが、思いつくのはこんな感じですね・・・

  1. とりあえず書いてみる
  2. 分からない→ググる、技術書を読む
  3. ググった結果ちょっと書いてみてデバッグする(デバッグは超重要!!
  4. エラーの解決方法が分からなくてググる
  5. 2-4を繰り返す
  6. 疲弊、もしかして無理ゲー??
  7. 人に聞こうかな・・・
  8. さてここでどうする?

ラバーダッキング

上記の8.さてここでどうする?というときの答えになるかもしれない考え方がこちら↓

どうやら、プログラミング界では、エラーの解決方法として「ラバーダッキング」という手法がそうなんです。

調べてみたら、要はこんな意味だそう。

ラバーダッキングとは、何らかの作業中に直面した問題について、ゴム製のアヒルのおもちゃ(ラバーダック: Rubber Duck)に相談することで、有効な解決策を探ろうとする試み。(引用元:Enpedia)


何か分からない・解決できないことがある時に人に聞くというのは真っ先に思い浮かぶ方法ですが、人に聞くことはその人の時間を奪うことになるので、自分で解決できるのであればそれが一番いいです。

とは言っても、自分一人でじゃ・・ってなりますよね。
その際、何かに話しかけるように自問自答することで思考が整理されて解決の道が見えてくる・・そうです!

オフィスの中で独り言ブツブツ言ってたらちょっとキモいし、かと言って自分の頭の中だけで会話できるわけもないので、最近自分が試したのは、「とりあえず不明点を書き出してみる」です。

パソコンのメモ帳とか、紙に何が分からないのか書き出すんです。

そうすると何に詰んでるのかが、「視覚情報として」見えてくるのでその過程で頭の中の思考が整理されてくるのを感じました。(多少ね…汗)

あとは例えばslackで何か質問するという時でも、まず聞きたい内容を書き出してみる。

その過程で「あコレ聞かなくてもなんとなく解決策分かってきたわ」、とか「この文章のまま聞いても相手分かんないからもうちょっと改善しよう」、とか色々気づいてくるので。

考えるヒントをいただいた会社の方に感謝!ですね!

変に落ち込まない

これはメンタル面のことですが、日々色々な問題に直面して「できない〜!!涙」って思うことはたくさんありますよね。

それを「できないから自分アホだ〜」思考をループさせちゃう、というのはよくやりがちですが、これは更に自分を追い詰めることになって何もいい結果を生まない。(実体験)

諦めなければいつか道が開けます(・・と思う)

もし本当に自力で解決できないなら人に聞くことも大切だし、人に聞けるということが企業に勤めることのメリットでもあると思います。例えば個人で受注している案件とかだったら聞ける人いないですもんね。

今回の案件はほんの序の口で、今後もっともっと難しいタスクが出てくると思います。
そんな時でも上記のように考えられればいいですね。

ブログを書くことの功罪

最近日々感じますが言語化スピードがどんどん上がるな、と思います。

あとは言語化することで知識が定着するのを感じます。結構頭の中だけで考えているとどんどん抜けてっちゃって、同じ問題にぶち当たった時にまた最初からになってしまうんです。

文字として残しておくことで自分で後から見直しもできるし、「ココはこう書くべきだったなぁ」とか推敲もできる。

少し腹黒い考えをすれば、いついかなる状況でも生きていけるように「収入源を複数持つこと」は重要だと思っていて、その一つとしてブログの収益化というのも少し考えたりしますが、一度Google AdSense落ちてるんでw。そして別にブロガーになりたい訳ではないので・・、これは長い目で見ていこうと思います。

もし一人でも読んでくださる人がいたなら、それで十分書く価値はあったと思いますし、読んでよかったなと思える記事を書きたい、と思います。

なんか図らずも湿っぽくなってきたので、今日はここらへんにしておきます。。

文章書くスピードが早くなったのはいいけど、ついつい長くなりがちで時間食うのがデメリットかな・・

では今回はこの辺で!

次回もお楽しみに!?